韓国語の勉強法

【最新版】韓国語のドリルおすすめ人気5選!韓国語は書いて覚えよう

 

アンニョンハセヨ。

韓国でOLしながら翻訳・通訳の仕事をしているyuka(@allaboutkankoku)です。

韓国語のドリルを使って韓国語の勉強をしようと思うけど、たくさんありすぎてどれを選べばいいか分からない…

とお困りのあなた。

この記事では、数ある韓国語のテキストのなかでオススメの韓国語のドリル5選を紹介していきます。

語学をマスターする上で大事なのは頭で覚えるよりも「書いて」そして「声に出す」こと。

この記事では”韓国語を書く練習”に特化した『韓国語』のドリルを紹介していきます。

「韓国語を一から始めようと思っている方」「韓国語の文法を徹底的に学びたい方」はそれぞれ目的に特化したオススメのテキストを紹介しているので下記の記事をご覧ください。

 

韓国語を一から始める方へのテキスト紹介記事は

【超初心者用】韓国語の独学にオススメな参考書5つを厳選!!ランキング形式 韓国語の独学を始める前に最初の壁となる部分、「参考書選び」。 基礎がしっかり学べて、且つ内容が自分に合ったものを使いたいけ...

韓国語の文法をマスターしたい方へのテキスト紹介記事は

韓国語の「文法」に特化したおすすめテキスト6選【初級~中級向け】 アンニョンハセヨ。 韓国でOLしながら翻訳・通訳の仕事をしているyuka(@allaboutkankoku)です。 ...

 

韓国語を「書く」練習はドリルが最適!

 

韓国語学習者さんの中で以下のような悩みをお持ちの方をたくさん聞きます。

 

  • 「頭では理解していても実際に言葉にすると文章の構成が分からなくなってしまう」
  • 「自分で韓国語の文章を作るのが苦手」
  • 「韓国語のスペルがなかなか覚えられない」

 

こういう方にはまず『とりあえず韓国語を書いて書いて書きまくってください』という勉強法をオススメしています。

実際に頭で理解するのと、自分で文章を作るのは全くの別物。

「書いて覚える」というのは「見る・聞く」とは異なり、”アウトプット”の勉強法になります。

語学の勉強においては『見て・聞いて』頭に”インプットした”ことを『書いて・声に出して』”アウトプットする”ことがとても重要。

ありがたいことに、韓国語のテキストの中には書く事に特化した『韓国語のドリル』がたくさんあります。

「理解はできてるのに、なかなか思うように韓国語は話せるようにならない」というお悩みをお持ちの方は、基礎を学びなおすよりも『書く事に特化した韓国語のドリル』を使って韓国語を書く練習をしましょう!

 

韓国語のドリルおすすめ人気5選!

 

今回は数ある韓国語のドリルの中で、韓国語を書く事に特化した韓国語のドリルを5冊紹介していきます。

ぜひ自分の目的にあったピッタリの韓国語ドリルを探してみてください!

 

オススメ韓国ドリル①:できる韓国語 初級I ワークブック

書く練習
対象 初心者(韓国語の文字、基礎は理解している人)
オススメポイント

全国で有名な韓国語教室の「K Village」でテキストとしても使用しており、人気テキストの一つである「新装版 できる韓国語 初級」のワークブックです。

「ザ・ドリル」といった感じの書き込み多めのテキストで韓国語を書く練習にはとてもオススメ!!

ただ対象は初級ではありますが、他のドリルに比べて難易度は少々高め。でもその分このワークブックを終えれば基本的な日常会は韓国語で表現できるようになるレベルの内容です。

このドリルは「新装版 できる韓国語 初級」の内容に合わせた内容なので、テキストも一緒に購入されると分からない部分はテキストで確認することができます。

 

自分一人で「新装版 できる韓国語」を進めていく自信がないという方は「K Village」のレッスンを受けて見られることをオススメします。

『K Village』の1レッスン500円の真相【実際に体験して分かったリアルな口コミ】1レッスン500円と魅力的な値段の「K Village」。でも逆に安すぎて不安…と思っていませんか?そんな方のために実際に私が「K Village」のレッスンを体験して知った500円の真実とレッスンの感想を辛口目にまとめています。...

 

 

オススメ韓国ドリル②:書ける! 話せる! たのしい韓国語ドリル

書く練習
対象 入門~
オススメポイント

先ほどの「できる韓国語 初級I ワークブック」より難易度は低い内容です。

韓国語の文法の解説を確認しながら、書き込み練習ができるので、まだ韓国語の文法や活用が不安という方でも安心してお使いいただけるドリルです。

一度文法と活用形を学んだという方が復習として使われるのもオススメ。またカラーなので単色のテキストが苦手という方にはピッタリのドリルです

ただ、テキストの書き込む欄が少な目なので、何度も練習したいという方は個人で別途ノートを用意してもいいかもしれません

 

 

オススメ韓国ドリル③:できる韓国語 初級 文型トレーニング

書く練習
対象 初心者(韓国語のテストを受ける方など)
オススメポイント

1位で紹介した、「できる韓国語 初級I ワークブック」の文型に特化したドリルです。

題名に”トレーニング”とあるだけ、かなりガチな中身になっており、テストなどもあります。

ヘヨ体やハムニダ体を完ぺきにしたい方や、現在形・未来形・過去形などをしっかりと区別して使いこなせるようになりたいという方にオススメ。

また韓国語のテスト(特にハングル検定)を受ける予定があるという方は使って見て損はないテキストです。

 

 

オススメ韓国ドリル④:hime式 イラスト&書いて覚える韓国語文法ドリル

書く練習
対象 入門~初心者
オススメポイント

私のブログでも何度か紹介させていただいているテキストです。

デザイン性がとても優れており、なんといっても絵が可愛い…なのにデザイン性だけでなく、内容も分かりやすく人気のドリルです。

入門~初心者向けの内容で、韓国語を覚えながら書く練習も一緒にしたい!という方にオススメのテキストです。

ただドリルで紹介されている文章を書き写すスタイルなので、韓国語を書く事に少し慣れてきたら、このドリル通りの文章を書くのではなく、自分なりに単語を組み合わせて文章を作る練習をされることをオススメします。

 

 

オススメ韓国ドリル⑤:オールカラー 超入門! 書いて覚える韓国語ドリル

書く練習
対象 入門~初心者
オススメポイント

「超入門」と「入門」の2冊があり、自分のレベルに合わせて選んで使うことができます。

文法を学べるのと同時に、学んだ文法を使って書く練習が出来るようになっているので、パッチムあり・なしで変わる助詞の形などを理解するのにオススメのドリルです。

ただこちのドリルも「イラスト&書いて覚える韓国語文法ドリル」と同様に自分なりに単語を組み合わせて文章を作る練習を別途するとなお効果的です。

 

 

オススメの韓国語ドリル一覧比較

 

今回紹介した韓国語のドリルを一覧にまとめました。

できる韓国語初級ワークブック(1) 書ける!話せる!たのしい韓国語ドリル できる韓国語初級文型トレーニング イラスト&書いて覚える韓国語文法ドリル オールカラー 超入門!書いて覚える韓国語ドリル
書き込み:多め 書き込み:普通 書き込み:多め 書き込み:少な目 書き込み:少な目
対象:初級~ 対象:入門~ 対象:初級~ 対象:入門~ 対象:入門~
難易度は少々高めだが、その分一番韓国語を書く力が付くドリル 文法の解説を確認しながら、書き込み練習ができる 韓国語のテスト(特にハングル検定)を受ける予定があるという方にオススメ 韓国語を覚えながら書く練習も一緒にしたい!という方にオススメ 助詞などをしっかり理解するのにオススメ

※スクロールで全体表示

韓国語のおすすめドリルのまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はおすすめ人気の韓国語の練習ができるドリルについて解説しました。

使って見たい韓国語のドリルはありましたか?

文を考えたり、スペルを確認したりと、最初のうちは一文をつくるだけでもかなりの時間がかかってしまうかと思いますが、書く練習を繰り返していくと文章を作るスピードも上がり、韓国語に慣れることができます。

特に韓国語のテストを受けようと考えている方や、将来的には韓国語を使って進学・就職したいどんどん書く練習をしていきましょう!

それでは今回はこの辺で!

ハム子
ハム子
twitterやInstagramで韓国語のネイティブ表現なども発信中!!気になる方はyukaのをフォローしてね

←クリックで飛べるよ☆

ABOUT ME
ユカ
ユカ
ソウル在住、韓国語通訳・翻訳の仕事をしている。kpopにハマり、独学で韓国語の勉強を始め、現在は韓国ソウルにある某有名韓国企業で開発系の専門通訳・翻訳を担当。 延世大学語学堂9カ月在学経験あり。TOPIK6級。
最新の記事はこちらから