勉強法

韓国語を活かせる仕事10個を紹介【上級じゃなくても大丈夫!】

 

ソウル在住、韓国語通訳、翻訳の仕事をしているユカ(@allaboutkankoku)です。


韓国語の勉強をしている方の中には、いずれ韓国語を活かして仕事をしたい。と思っている方も多いかと思います。


しかし、下記のような不安があるのも事実ですよね。


「韓国語を学んでも韓国語を活かせる仕事ってあまりないんじゃないの?」

「ネイティブレベル、最低でもビジネスレベルの韓国語じゃないと仕事で使えないよね?」



結果から先にお伝えしてしまうと、韓国語を活かせる仕事はまだまだたくさんあります。
しかも韓国語がビジネスレベルではなくても、韓国語を活かせる仕事は意外にたくさんあるんですよ。



「え?なんでそんなことが断言できるの?」

と思った方。


なぜなら実際に私は日本で韓国語を活かして仕事をしていたからです。
しかも当時の私の韓国語レベルはハングル検定4級。ビジネスレベルにはとうてい及ばない韓国語のレベルでしたが、私が学んだ韓国語を活かして仕事をしていました。


一生懸命勉強した韓国語を使って仕事ができると、韓国語や仕事に対するモチベーションも上がりますし、韓国語の能力が上がるのも確かです。
韓国語上級じゃないから無理と諦めず、是非チャレンジしてみましょう。

 

韓国語を活かせる仕事10個をレベル別で紹介【実体験あり】

 

早速、韓国語が活かせる仕事を10個紹介していきます。

韓国語のレベルも一緒に記載しながら紹介していきますので、自分の韓国語のレベルと照らし合わせてみてください。

また、レベルの基準や目安は絶対的なものではなく、私の経験から判断しているので参考程度にしてください。

 

韓国語を活かせる仕事NO1:韓国語の通訳

韓国語レベル:ネイティブレベル、もしくはビジネスレベル以上
韓国語レベル目安:TOPIK6級、ハングル検定1級程度、もしくは通訳を専門的に学んでいる方
韓国語活用度:★★★★★


恐らく皆さんが思いつく代表的な韓国語を使った仕事かと思います。
ただ一言で通訳といっても以下のようなさまざまな場面での通訳があります。

・会社の会議の通訳
・kpopアイドル、韓流スターの通訳
・観光案内の通訳etc…

すべてに共通していえることは
「かなり高度な韓国語の能力が必要とされる」
ということ。

通訳は頭の中で瞬時に韓国語⇔日本語の切り替えが必要なため、専門的に通訳の勉強をする方もいます。

しかし会社に所属せずとも、フリーランスで企業と契約したり、何歳になっても働けたりと、 自分の生活に合わせて働けるという利点があります。

 

韓国語を活かせる仕事NO2:韓国語の翻訳

韓国語レベル:ネイティブレベル、ビジネスレベル
韓国語レベル目安:TOPIK6級、ハングル検定1級程度
韓国語活用度:★★★★★


通訳と同じ韓国語を活かせる代表的な職業です。
通訳に比べ、スピーキングの能力は必要とされませんが、高い文章構成能力が必要とされます。
翻訳もさまざまな種類があり、

・会社の資料の翻訳
・書籍の翻訳
・インターネットサイトの翻訳etc…

と、翻訳する題材によりそれぞれ求められる翻訳のスキルが変わってきます。

こちらもフリーランスで翻訳の依頼を受けたり、在宅で仕事ができたりといったメリットがあります。

韓国語を活かせる仕事NO3: 韓国語の先生

韓国語レベル:ネイティブレベル、ビジネスレベル
韓国語レベル目安:TOPIK6級、ハングル検定1級程度、教師の資格など
韓国語活用度:★★★★★

 

日本人でも韓国語の先生を目指すことは可能です。

韓国語の複雑な文法や発音の変化、活用をわかりやすく生徒に伝えることが必要となってきます。


しかし、ただ単に韓国語が上手というだけでは勤まらないのが先生という職業。


反対に言うと、韓国語が好きに加え、人と接することが好きであったり、コミュニケーションをとるのが得意の方はピッタリの職業です。

韓国語を活かせる仕事NO4:日本にある韓国企業

韓国語レベル: 上級~
韓国語レベル目安:TOPIK上級~、ハングル検定2級〜
韓国語活用度:★★★★

日本にもたくさんの韓国企業があります。
韓国企業が日本人を雇う場合、日本向けのサービスを担当することが多いため、実際の業務は日本語という会社も多いです。

しかし、社内の公用語は韓国語であったり、また社員同士のコミュニケーションは韓国語が主だったりするので、日常のコミュニケーションには問題がないレベルが必要となります。

 

実際に私も韓国企業で事務のアルバイトをしたことがありますが、日本にいても韓国の文化を学ぶことができ、韓国人の同僚がたくさんできたいい経験になりました。

韓国語を活かせる仕事NO5:ホテル、旅館

韓国語レベル:中級~
韓国語レベル目安TOPIK中級〜、ハングル検定3級、準2級程度〜
韓国語活用度:★★★


英語ができる韓国の人も多いですが、年配の方やお年寄りであったりするとなかなか韓国語以外通じない場合もあります。

その際に韓国語を話せるととても喜ばれるでしょう。

中でも「ホテルは具合が悪くなった」「物がなくなった」など、イレギュラーなことが起こりやすいので、中級レベルの韓国語が話せると、他のスタッフからも頼りにされ、また宿泊客も安心して宿泊できるはずです。

ホテルのフロントなどでは決まったフレーズも多いため、韓国語レベルが中級以上であれば業務を行う上で強みになります。

 

韓国語を活かせる仕事NO6:企業の渉外(営業等)

韓国語レベル:中級~
韓国語レベル目安TOPIK中級、ハングル検定3級、準2級程度〜
韓国語活用度:★★★

いっけん企業の渉外で韓国語が使えるの?と思いますが、韓国企業と取引がある会社はかなりたくさんあります。

企業の営業スタッフなどは、出張時に通訳を同行して交渉するという方もいますが、やはり自分の言葉で交渉できるというのは以下の点でかなり有利です。

 

・頑張って韓国語を話す⇒好印象⇒契約率高まる

・自分の言葉で交渉するため、熱意が伝わりやすい

 

情が厚い韓国では一生懸命韓国語を話してる外国人を好意的に見る人が多く、例え完璧でな韓国語でなくても韓国語で交渉できるというのはかなり強みになると言えるでしょう。

 

韓国語を活かせる仕事NO7:観光案内

韓国語レベル:中級~
韓国語レベル目安:TOPIK中級、ハングル検定3級、準2級程度〜
韓国語活用度:★★

日本を訪れる外国人に日本を紹介する観光スタッフも韓国語が活かせる職業です。

韓国人の中では日本のバスツアーに参加したり、地方の観光名所に行ったりと、ツウな旅行を楽しむ人も多いので、例え外国人を対象とするツアー会社ではなくても韓国語を活かせる場面はかなりたくさんあるかと思います。

 

2020年には東京オリンピックも控えているので、韓国語が話せる人材の需要が高まる分野です。

 

韓国語を活かせる仕事NO8:貿易事務

韓国語レベル:初級~
韓国語レベル目安TOPIK初級、ハングル検定5級4級程度〜
韓国語活用度:★★

実際に私が日本で韓国語を活かしていた業務がこちらの貿易事務です。

 

貿易と韓国語がなかなか結び付かないんだけど…

と思われるかもしれませんが、韓国は2018年時点で

 

日本の輸出相手国第3位

日本の輸入相手国第5位

( データ:一般社団法人 日本貿易会)

 

と、比較的大きな市場であるため、日本の商社やメーカーでも韓国を相手に輸出入をしているという会社はたくさんあります。

 

貿易系の業務である場合は韓国の企業側も英語ができる場合が多いので、私の場合はメールだけ韓国語で書く韓国の取引先から電話がくる際に韓国語を交えて話すなどと、ところどころ韓国語を加えて業務を行っていました。

 

韓国語を活かせる仕事NO9:空港スタッフ

韓国語レベル:初級~
韓国語レベル目安:TOPIK初級、ハングル検定5級4級程度〜
韓国語活用度:★★


いろんな国の人が行き来する空港でも、韓国語を活かすことができます。

空港ではチェックインを行うグランドスタッフを始め、免税店の店員、両替スタッフ、案内スタッフ、空港内のカフェ、レストランの店員などさまざまな職業の方が働いており、ほぼすべての職業で韓国語を活かすチャンスがあります。

 

空港の近くに住んでいる方や、空港まで通退勤が可能な人に限定されてしまうかもしれませんが、韓国語を活かすことが出来る確率が高い現場です。

 

韓国語を活かせる仕事NO10:韓国で働く

韓国語レベル:企業による
韓国語レベル目安:企業による
韓国語活用度:★★★★★

思い切って韓国で働くという方法もあります。
確実に韓国語を活かして働くことができますが、韓国国内で働くことができるビザが必要です。

 

韓国語のレベルが初級でも、食堂やカフェでアルバイトをしている日本人もたくさんいますし、現在の私のように韓国企業に就職する人もいます。

 

ただ韓国に移り住むということは、それだけの頭金も必要となりますので、お金・時間に余裕がある方は一度挑戦してみて、人生をかえるきっかけを作るのもいいかもしれません!

 

番外編:韓国語が出来なくても韓国の知識を活かした仕事ができる?!

 

ここまで韓国語を活かした仕事を紹介してきましたが、韓国語は分からないという方でも韓国ついての知識があればそれを活かした仕事ができます。

 

・韓国アイドルについては誰よりも詳しい!

・韓国の俳優のゴシップならまかせて!

・韓国の観光情報は得意分野!

 

というように、韓国のひとつの分野について詳しい方は、その知識を活かし、

“ライター”の仕事

をしてみるのをおすすめします。

 

フリーランスの求人サイトでは、時々韓国の情報に関する記事を書いてくれる人を募集しています。

フリーランスサイトに登録し、自分の得意分野の記事を募集していれば、記事を書いて納品するだけで報酬を得ることができます

 

好きなことを活かして報酬を得ることができるので一石二鳥ですよね。

 

よく見る募集は「kpopアイドルの記事」「韓流スターの記事」などが比較的多いです。

 

▼ライターの募集があるフリーランスサイト

crowdworks

【ランサーズ】日本最大級のお仕事発注サイト!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

記事をまとめると以下の通りです。

 

本記事のまとめ

・日本でも韓国語は活かせる!

・自分のレベルに合った仕事を選べる

・韓国語が分からなくても韓国についての知識を活かして働ける

 

2020年には東京オリンピックも控えていることもあり、さらなるグローバル化を目指している日本では日本語以外の外国語が話せる人材が求められます。

英語や中国語と比較するとシェアが少ないかもしれませんが、隣国ということもあり、今後も韓国語を話せる人材や韓国の文化や習慣について詳しい人材の需要はどんどん高まる一方です。

 

もし今後、今勉強している韓国語を活かせる職業につきたい考えている方がいらっしゃいましたら、一度検討してみるのを強くオススメします!

 

ABOUT ME
ユカ
ユカ
ソウル在住、韓国語通訳・翻訳の仕事をしている。kpopにハマり、独学で韓国語の勉強を始め、現在は韓国ソウルにある某有名韓国企業で開発系の専門通訳・翻訳を担当。 延世大学語学堂9カ月在学経験あり。TOPIK6級。
こんな記事もよく読まれています
過去の記事はこちらから
2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930