韓国語の勉強法

韓国語の独学勉強法をステップごとにわかりやすく解説!【独学でも上達します】

 

ニャンイ
ニャンイ
KPOPアイドルや韓国俳優の言っていることが分かるようになりたい!!そう思って韓国語を始めようと思うけど、何から手をつけていいかわからない。何をどう学べばいいかわからないし、、、そもそも独学でもできるようになるの?

 

本日はこのような疑問にお答えします。

 

結論から言ってしまうと韓国語は独学でも十分上達します。

 

勉強の”コツ”をしっかりと捉えて独学を進めていくことで、留学をしている人、韓国語教室に通っている人よりも早く習得することも可能です!

 

本記事の内容

  • 韓国語が独学に向いている理由
  • 韓国語の独学に必要なもの
  • 独学で学ぶ韓国語の勉強法(ステップ1~4)

 

この記事を書いている私は、現在韓国で日韓の翻訳通訳の仕事をしていますが、最初はKPOPアイドルが喋っている韓国語を理解したい!とう思いから独学を始めました。

 

本記事では韓国語を独学でマスターしたいと考えているみなさんに、独学で学ぶ韓国語の勉強法を皆さんに紹介します。

韓国語が独学でも上達する理由

 

韓国語は英語や中国語など、他の言語に比べて学びやすい言語と言われています。

 

その理由は主に以下の3つ

・文法が日本語と似ている

・漢字がもとになっている単語が多い

・発音が似ているものが多い

 

それぞれ詳しく説明していきます

 

韓国語の文法は日本語と似ている??

韓国語の文法は日本語とほぼ一緒です。

 

例えば

「私は日本人です」という文章を韓国語にすると「チョヌン(私は)イルボンサラム(日本人)イムニダ(です)」と全く同じ並びになります。

 

英語の場合主語の次に動詞がくるので、英語と比べると韓国語が比較的学びやすいことが分かりますね。

 

漢字がもとになっている単語が多い

韓国語は表記はハングルですが、実はもとは漢字からきている単語が多いのも韓国語を学びやすい特徴の一つです。

 

例えば、韓国語の基本の挨拶「アンニョンハセヨ 안녕하세요」。

アンニョンを漢字にすると「安寧(あんねい)」となります。

カムサハムニダ 감사합니다のカムサは「感謝」

 

また「四面楚歌=サミョンチョカ(사면초가)」「八方美人=パルバンミイン(팔방미인)」などの四字熟語まで、発音はことなりますが、韓国語も元は同じ漢字からきています。

そのため、漢字をよく使う日本人は、漢字の韓国語読みさえ覚えてしまえば、単語も簡単に覚えることができるのです。

韓国語と日本語は発音が似ているものが多い

韓国語と日本語は発音も似ています。

先ほどハングルの元は漢字ということをお伝えしましたが、それに伴い発音が似ている単語もたくさんあります。

たとえば「無料」と言う単語。実は韓国語でも日本語と同じ「ムリョ」と発音します。

また「家具」は韓国語で「カグ(가구)」、「算数」は「サンス(산수)」

と、このほかにも発音が同じの単語はたくさんあるため、日本人は他の国の人たちよりも明らかに韓国語の学習面では有利です。

 

このように日本語ユーザーにとっては韓国語は学校や教室に通わなくても、独学に必要なものさえ揃えれば、十分独学で学ぶことが可能です

 

それじゃあ独学に必要なものって具体的に何?というところを次の章で解説していきますね。

韓国語を独学するために必要なアイテム

 

韓国語を独学する際に必要なものは以下のたったの3つ。

  • 参考書
  • 単語帳
  • リスニングできる機材(スマホがあれば十分です)
  • 電子辞書 (スマホの辞書)

参考書や単語帳は独学には必須。それぞれオススメの物を紹介していきます。

また分からない単語や活用形を調べるのに辞書が必要となります。韓国に留学するかた、ガチで勉強をされる方であれば、電子辞書の購入をオススメしますが、趣味として緩く勉強したいという方はスマホの辞書でも問題ありません。

参考書

参考書のオススメは以下の記事にまとめています。

初心者向が参考書を選ぶときのポイントなども紹介しているので、参考にしてみてください。

【超初心者用】韓国語の独学にオススメな参考書5つを厳選!!ランキング形式 韓国語の独学を始める前に最初の壁となる部分、「参考書選び」。 基礎がしっかり学べて、且つ内容が自分に合ったものを使いたいけ...

 

単語帳

単語帳は韓国語の学習目的によって選ぶことが、韓国語を独学するに当たって大変重要となってきます。

その理由などの詳しい説明は以下の記事にまとめてあります。

翻訳家がオススメする韓国語の単語帳8選【完全保存版】アンニョンハセヨ。 韓国でOL をしながら、翻訳・通訳の仕事をしているyukaです。 今回の記事は と...

 

リスニング機器(主にスマホ)

リスニングや発音を確認するのにリスニング機器が必要になります。リスニングができれば特に問題はないですが、スマホが一番便利かと思います。

独学の場合は韓国語の先生がいないため、韓国語のネイティブスピーカーが近くにいない限りは、全てオーディオやドラマでリスニングと発音を学ぶこととなります。

リスニングは移動中などのちょっとした空き時間にもできる勉強なので、その際にスマホで韓国語を聞きましょう。

 

空き時間に韓国語を勉強に役立つ教材は以下の記事を参考にしてください。

韓国語オーディオブックのおすすめ教材3選を紹介【初心者向け】 本記事ではこのような疑問にお答えします! この記事の内容 ・韓国語オーディオブッ...

 

 

電子辞書(スマホの辞書)

 

単語の意味や例文は辞書で確認するのが一番正確で、活用方法、また単語の意味の由来なども覚えることで、より記憶を定着させることもできます。

「ただ韓国語を少し分かるようになればいいかな。」くらいであれば必要ありませんが、

今後韓国語を本格的に勉強したい!!将来韓国に留学したり、韓国語を使った仕事をしたい!!

 

というはっきりとした目標のある方は、韓国語の電子辞書を一つ購入されることをオススメします。

翻訳士がオススメする韓国語の電子辞書ランキング!!【2020年最新版】 韓国語を本格的に始めるに当たって、電子辞書を買おうと思うけどどれがいいのか分からない。 お値段もそこそこするから買って失敗した...

 

全てそろえたら、実際に独学で韓国語の学習を始めましょう。

わかりやすく1~4のステップごとに説明していきます。

 

独学で学ぶ韓国語の勉強法

 

韓国語を独学する場合、以下のステップ1~ステップ4の順で学ぶと効果的です。

STEP1:読み方、文法などを参考書を使って勉強する

STEP2:単語帳を使って単語を覚える

STEP3:例文を音声と一緒に発音する

STEP4:実際に韓国語を使って会話をする

ステップ1~2で韓国語を自分の頭に”INPUT”させ、ステップ3~4でINPUTしたものを実際に使ってみて”OUTPUT”するという流れです。

INPUTだけは、知ってるのに使えないという勿体ない状況になってしまうので、最後のステップ4で必ず実践してみましょう。

 

STEP1:文字や文法などを参考書を使って勉強する

まず初めに文字と文法を参考書を使って学びます。

【超初心者用】韓国語の独学にオススメな参考書5つを厳選!!の記事で紹介している参考書を使えば基本的な文字と文法は学べるので、初心者向けの参考書を終わらせるだけでもある程度の知識はつきます。

参考書は早ければ1~2週間程度、遅くても1ヵ月程度で終わらせられるものばかりなので、初級の参考書が終わったら中級の参考書を買い、どんどんレベルアップしていきましょう。

STEP2:単語帳を使って単語を覚える

ステップ2と言っていますが、ステップ1と並行して進めていただきたいのが、単語の学習。

オススメとしては1日に覚える単語数を決めるやり方。

例えば単語を1日に10個覚えるとすると、1ヵ月で300単語、1年間で3650単語も覚えることができます。

日常会話に必要な単語量は訳2000語と言われておりますので、1日に10単語ずつ覚えるだけで1年後には日常会話レベル以上の単語の知識がつくことになります。

文法にそこまで違いがない分、単語の知識量だけでも韓国語はかなり話せるようになりますよ。

STEP3:例文を音声と一緒に発音する

韓国語の基礎と単語の知識がある程度ついてきたら、リスニングとスピーキングの練習をしましょう。

スマホ、もしくはオーディオ機器で例文や韓国語の文章を聞きながら実際に発音する、「シャドウイング」をします。

「シャドウイング」をし、実際に韓国語を発音することによって、リスニングで聞き取れないところや発音できないところが分かってきます。

それを何度も繰り返し練習することにより、独学でもリスニングや発音を上達させていくことが可能です。

 

STEP4:実際に韓国語を使って会話をする

ステップ1~ステップ3まで終えたら、実際に韓国語ができる人と韓国語を使って会話をしてみましょう。

今まで学んできたものを実際に自分で使ってみることで、初めて自分の力になります。

始めのうちは発音間違ったらどうしよう、通じなかったら嫌だなと臆病になってしまいがちですが、ここを乗り越えるか乗り越えないかでは韓国語の伸びに差が出てきます。

周りに韓国語の分かる人がいないという方は、オンラインレッスンなどを通して韓国語ネイティブ講師と会話をして実践するという方法もあります。

 

オンラインレッスン可能でかつネイティブ講師いるスクールは

  • ベルリッツ
  • K Village

などがあり、それぞれ私が体験レッスンを受けた感想をまとめているので興味のある方はどうぞ。

『K Village』の1レッスン500円の真相【実際に体験して分かったリアルな口コミ】1レッスン500円と魅力的な値段の「K Village」。でも逆に安すぎて不安…と思っていませんか?そんな方のために実際に私が「K Village」のレッスンを体験して知った500円の真実とレッスンの感想を辛口目にまとめています。...
【体験談】ベルリッツの韓国語オンラインレッスンを受けてみた(評判・口コミは本当?)質の高い英会話レッスンで有名なベルリッツ。そんなベルリッツに韓国語レッスンもあるらしく、実際に私がオンラインレッスンを受けてきました。この記事では私のリアル感想をガチレビューします。 ...

韓国語の独学はテクニックよりも継続力

いかがでしたでしょうか?

本記事では韓国語を独学するにあたってのスタートアップと、独学方法を紹介してきました。

いろいろここまで言ってきましたが、独学する人達に一番大切なのはなによりも継続力。

どんな効率的な勉強法を知っていても、どんなに勉強が得意な人でも、毎日コツコツと継続する人には勝てません。

上記の勉強法を継続していくことで必ず韓国語は上達します。1年後、「やってきてよかった!」と必ず実感できます。

韓国語を独学しようか迷っている方は今すぐに韓国語の勉強を始めることをオススメします!

 

この記事がみなさんのお役に立ったら嬉しいです!

 

 

ABOUT ME
ユカ
ユカ
ソウル在住、韓国語通訳・翻訳の仕事をしている。kpopにハマり、独学で韓国語の勉強を始め、現在は韓国ソウルにある某有名韓国企業で開発系の専門通訳・翻訳を担当。 延世大学語学堂9カ月在学経験あり。TOPIK6級。
最新の記事はこちらから