就職

韓国企業の求人に強い転職サイト・転職エージェント3選【韓国語を活かそう】

 

韓国企業の求人を探している人
韓国企業の求人を探している人
日本にいながらも韓国を活かして働きたいから、韓国企業の求人情報を探しているんだけど、韓国企業の求人がたくさんあるオススメの求人サイトはどこだろう? あと韓国企業に転職するにはどんなことを注意すべきかも知りたい!!転職したら韓国語も使いながら仕事をするんだ

 

本記事では、こういった疑問に答えます。

 

この記事の内容

韓国系企業の求人が多い転職サイト・転職エージェント3選

韓国系企業に転職する際の注意点

韓国系企業に転職するメリット

 

この記事を書いている私(@allaboutkankoku)は韓国企業で働いて既に4年になります。
現在もソウルに住みながら韓国企業に転職してOL生活を送っています。

 

日本で新卒で就職した会社はバリバリの日本企業でしたが、韓国語に興味があり独学で勉強していた私は、日に々「韓国語を使って仕事ができる会社に転職したい」と思うようになり、365日毎日韓国企業の求人がないか常に探していました。

 

今となっては韓国企業に就職し、毎日韓国語を活かせずにはいれない「通訳・翻訳」の仕事をしているので、夢が叶いました!!

 

そこで今回は、当時の私と同じように韓国企業へ転職を考えている方へ韓国企業の求人にに強い転職サイト」と「会社選びの注意点」や実際に韓国企業で働いている私からのアドバイスをまとめました。

 

韓国企業の求人に強い転職サイト・転職エージェント3選

 

韓国企業の求人に強い転職サイト・転職エージェントは以下の3つ。

 

JAC Recruitment:韓国企業などの外資系に強い。韓国にも支店があるためタイミングがよければ韓国出張や駐在のある企業も見つかるかも

リクルートエージェント:最大級の転職サイト。サムソンジャパン・LGジャパン・CJグループなど韓国企業の採用情報がかなりたくさん。

リクナビNEXT:定番の転職サイト。大手の転職サイトなのでその分企業の求人も多いです。

 

転職サイトごとに求人情報も異なってきます。どの転職サイトでどの求人を扱うかは私たちには分からないので、まずはこの大手3つを登録しておくことをオススメします。

この中でもオススメなのが、外資系企業に特化したJAC Recruitmentと日本にある韓国企業の採用情報を多く取り扱っているリクルートエージェント。

3つ全部登録するのはめんどくさい。と言う方はこの2つのどちらかだけでも登録しておくだけでも韓国企業の採用情報を入手することができます。

募集要項には韓国語が必須とそうでない場合がある

 

韓国系企業に転職したい方は恐らく少しは韓国語ができる方なのかと思いますが、実際に韓国企業の求人では「韓国語必須」とそうでない場合の企業があることを確認しておきましょう。

 

韓国語必須…韓国企業の日本支店での求人、翻訳・通訳業務、韓国人向けの観光案内など

韓国語必須でないor簡単な韓国語レベル…韓国企業の日本支店、航空会社、貿易会社など

 

会社により異なるため、一概には言えませんが転職サイトで事前に確認し、自分の韓国語レベルと照らし合わせるようにしましょう。

※各転職サイト登録後に各サイトのエージェントに相談すると自分に合った転職情報を紹介してくれますよ。

 

韓国系企業に転職する前に確認しよう!【注意点】

結論から申し上げますと、「柔軟性が大切」ということ。

どういうことか解説していきますね。

 

韓国企業に転職する際の注意点①グローバル的な考え方ができるか?

 

やはり韓国は近いと言っても外国。日本にある韓国企業は日本に合わせて運営している会社がほとんどですが、「企業方針は韓国本社のものと同じ」という企業ももちろんあります。

そのたびに「日本ではこうなのに!!」と日本と比較していては大変。

自分は「日本にとらわれずにグローバル的な考え方をできるか?」をもう一度考えてみてください。

自分の常識にとらわれない事が韓国企業のみならず外資系企業でうまくやっていけるコツです。

 

韓国企業に転職する際の注意点②かなり実力主義

 

最近の韓国はかなり実力主義です。

日本にある韓国企業は特に語学の面でも「日本語」「英語」ができるのは基本。なんていう会社はたくさんあります(大手は特に)

その中で勝ち残っていくためのマインドはやはり必要かな。と。

「自分はダメだ。。。」というマインドでは転職後にどんどん気持ちがダウンしちゃうので、優秀な人をみても「絶対負けない!!」くらいの気持ちで入社されることをオススメします。

 

韓国企業に転職する際の注意点③自己主張はしっかりと

 

日本人は自己主張が苦手と言われますよね。実は私もめちゃくちゃ自己主張が苦手でした。

「何食べたい?」と聞かれても相手の顔色を伺ってなかなか言い出せない…笑

でも実際に韓国企業で働いてから自己主張が出来るようになりました!今では仕事を頼まれても「NO!」と言える程←おい

というのも韓国の同僚を見ているとしっかりと自己主張ができており、それによってマイナスになることもないんです!反対に自分の気持ちを曖昧にしていると損することも…

「今日~食べたい気分!」「今、仕事一杯一杯で…一緒にやってくれますか?」「その仕事なら私が担当します!」こういう風にはっきりと自己主張できることが大事です。

 

この様に韓国企業に転職するということは、今まで完全日本スタイルで仕事をされてきた方にとっては新しいことが多いかと思います。

しかし、結局は実際に仕事をしてみないと分からないこと。私も優柔不断+自己主張できない性格でしたが実際に韓国企業で働いてみたら自然と周りに合わせて性格が変わっていったので、そこまで心配される必要はありません。

 

韓国企業に転職した私が感じるメリット

やはり夢であった韓国語を使って仕事をすることが出来るようになったのが一番のメリットです。

 

韓国語を使って仕事ができる

これ、韓国語を勉強されている方は皆さん目指している一つの目標だと思います。

せっかく一生懸命勉強した韓国語を活かして仕事をできたらこの上ない喜びですよね。

ビジネスレベルではなくても、仕事をしていくうちに所謂”ビジネス韓国語”まで理解できるようになります。

また、もちろん日本語がネイティブなので、韓国企業にいると日本語ネイティブということも自分の強みになります。

日本語が不安な同僚に日本語を教えてあげたり、資料の翻訳を頼まれたり、日本企業では経験できないようなことを経験することができます。

 

ビジネス韓国語を学びたい方はこの本がオススメです

 

韓国人の同僚ができる

韓国企業に就職すると、同僚が韓国人という場合が多いです。

日本企業ではなかなか海外の人と一緒に仕事をする機会は少ないですが、外資系の企業にすればそれが日常になります。

韓国の人は人脈をとても大切にするので、どんどん知り合いが増えていき、その人脈により後に韓国で仕事ができたり、日本語の先生を頼まれたり等いろんなことに繋がります。

私自身も会社の韓国人の同僚の紹介で日本語の教師を頼まれていた経験もあります。

仲のいい韓国人の同僚ができたら韓国語を教えてもらえますし、メリットだらけです。

 

まとめ:韓国企業で働く夢を現実にするには行動あるのみ

本記事をまとめると以下の通り。

要点のまとめ

韓国企業の求人に強い転職サイト・転職エージェントは以下の3つ

  1. リクルートエージェント:韓国企業豊富の最大級転職サイト
  2. リクナビNEXT:定番の転職サイト
  3. JAC Recruitment:語学や海外経験豊富なグローバルな人材の転職を斡旋

日本企業との違いに柔軟に対応できることが必要
韓国語が使える幸せは大きい

 

韓国企業に就職してる身としてアドバイスすると、「自分がやりたいことなら行動して後悔することはないです」とお伝えしたいです。

今の会社に満足している方は問題ないですが、韓国企業で働いてみたかった。韓国語を使って働きたいという方は一度思い切ってチャレンジされてみることをオススメします。

行動しなかった後悔はいつでも残りますよ…!!

 

本日はここまで!!最後まで読んでいただきありがとうございました。

是非一緒に韓国企業で働きましょう~(*ノωノ)

 

ABOUT ME
ユカ
ユカ
ソウル在住、韓国語通訳・翻訳の仕事をしている。kpopにハマり、独学で韓国語の勉強を始め、現在は韓国ソウルにある某有名韓国企業で開発系の専門通訳・翻訳を担当。 延世大学語学堂9カ月在学経験あり。TOPIK6級。
最新の記事はこちらから
過去の記事はこちらから
2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31