参考書

【初級でも読める】韓国語で読もう!おすすめ書籍4選

オススメ記事⇒【選択次第で逆効果】韓国語の勉強にお勧めの韓国ドラマ5選

オススメ記事⇒【初心者向け】韓国語翻訳者が教える!独学で学ぶ韓国語の始め方

 

こんにちは。2年前に韓国語の独学を始め、現在は韓国の某有名企業で通訳・翻訳の仕事をしているユカです。韓国語の本は月3冊程読んでおり、本業の通訳翻訳のスキルアップに役立てています。本記事では韓国語で読書したい方へ本選びのポイントそしてお勧めの本を紹介します。

 

韓国語習得の目標の1つ、韓国語で本を読むこと

しかし、まだ初級だから韓国語で本なんか読めっこないと諦めてはいませんでしょうか。

実は韓国語で本を読むのはそんなに難しいことではありません。

 

韓国語で読書をする際のポイントそして韓国語初心者でも読めるオススメの本を紹介していきます。

 

本記事の内容

本選びのポイント

初心者にオススメの本4選

 

韓国語で読書をする前に

どんなジャンルを選べばいい?

母国語以外の言語で読書をするというのは想像したいたよりも「エネルギー」を消費します。

集中力はもちろん必要ですし、時間もかかります。ですので、本に入り込める興味のあるジャンルにしましょう。

また最初のうちは断然「小説」をおすすめします。HOW TOものや自己啓発ものは使用されている単語が専門的ですので、日常の対話がでてくる小説や詩集エッセイをオススメします。

 

選ぶときのポイントは?

 

中でも私が韓国語学習者さんに最もオススメするのは、日本の小説を韓国語に翻訳したもの。

なぜオススメかと言うと、日本語バージョンを読んでから韓国語バージョンを読むことで以下のメリットがあるからです

 

①韓国語と日本語の表現方法の違いを学ぶことができる

②内容が迷子にならない

③出てくる名前、地名が日本であるため、話に入りやすい

 

日本語バージョンと韓国語バージョンを照らし合わせて読むことで「韓国語ではこんな単語を使うんだ。」「こうやって表現しているんだ」と勉強になることがたくさんあります。

今でも私は日本語バージョンと韓国語バージョンを照らし合わせて翻訳の勉強に使っています。

初心者さんは出来るだけ日本作家のものを選びましょう。

 

分からない単語は飛ばしていい?

 

本を読み薦めるうちに知らない単語がでてきます。最初のうちは知らない単語だらけだと思います。

「前後で意味を推測して~」「分からない単語があっても読み飛ばして~」と言う方がいますが、それをするにはある単語が分からずとも文章内にある他の単語を見て推測できるだけの単語力が必要です。

上級者であれば可能な話ですが、初級者にはこの方法はあてはまりません。

分からないまま呼び飛ばしても他の単語でカバーができず、どんどん話が分からなくなります。

分からない単語は都度意味を調べましょう。

 

韓国語学習に最適な単語帳選び3つのポイント【購入前に確認しましょう】 韓国語を勉強していく中で単語量を増やすために単語帳を買おうと思うけど、同じようなものがたくさんありすぎてどれ...

 

辞書を用意しよう

分からない単語が出てきたら辞書で調べましょう。

本来であれば紙の辞書をオススメしたいところですが、本を読む場合は「電子辞書」をオススメします。

理由は“紙辞書だと意味が分かるまでに時間がかかりすぎる”からです。本を読むとただでさえ時間がかかるのに、分からない単語全部紙辞書を引いていると本の内容を忘れてしまいます。

検索すると一瞬で表示される電子辞書を利用しましょう。

韓国語を本気で勉強するのであれば、電子辞書はひとつは持っておいたほうがいいアイテムです。

また携帯の辞書でもいい?と聞かれることがありますが、基本的には問題ありません。しかし携帯はラインやSNSなど誘惑が多いのも事実。せっかく読書に集中していたのに、携帯を触ってしまうと集中が切れて他のものに目移りしてしまうものです。

また、携帯についている翻訳機の機能を辞書代わりに使用する人がいますが、こちらはお勧めしません。なぜかというと韓国語は漢字を使わないので同音異義語が本当にたくさん存在します。例えば「一定」という二字熟語、韓国語で表記すると일정と書きますが、「日程」も実は同じ일정なのです。他にも「視覚」も「時刻」も시각であり、翻訳機はこの意味の区別がつかず間違った意味を提示してくる可能性があるからです。

 

できればこれから先も学習を継続することを考えて電子辞書を一台用意するのをお勧めします。

翻訳士がオススメする韓国語の電子辞書ランキング!!【2020年最新版】 韓国語を本格的に始めるに当たって、電子辞書を買おうと思うけどどれがいいのか分からない。 お値段もそこそこするから買って失敗した...

 

韓国語のオススメ書籍

 

ここまで準備が揃ったら実際に書籍を購入しましょう。

先ほどお伝えした通り、初心者にオススメの小説、エッセイ、詩集の中から私が実際に読んでみなさんにオススメしたいと思ったものを厳選しました。

 

洋書はほとんどの書店に置いてありますが、韓国語の書籍は一般の書店に置いていないことが多いのでインターネットで注文することをオススメします。種類も豊富なので、本を探し歩く手間が省けます!

 

「もしかしたら星たちが君の悲しみを持っていくかもしれない」

コン・ユ主演の韓国ドラマ、「도깨비(トッケビ)」で実際にドラマに出てくる詩集です。キム・ゴウン演じるウンタクがこの詩集を読んでいることで韓国でも大人気となりました。詩集ということで難しい単語や表現は使われてなく、初心者でも辞書さえあれば簡単に理解ができます。

またこちらに載っている詩はどれも美しく、表現がとっても綺麗です。

ライティングブックになっており、自分の思うことや気に入った個所にマークを付けたりすることも可能です。

感じたこと、思い浮かんだことを韓国語で書き込みながら読むのも素敵です。

 

なみや雑貨店の奇跡

日本でも大ヒットした東野圭吾著書「なみや雑貨店の奇跡」。個人的には初心者には一番オススメの韓国語小説です。東野圭吾さんの書籍は韓国でも大変人気で、どこの書店に行っても一番目のつく場所に置いてある程です、

その中でも「なみや雑貨店の奇跡」の内容はもちろん面白く、また場面の切り替えや時系列もはっきりしている小説なので、韓国語初心者の方が読んでも理解がしやすい小説かと思います。

一度辞書を使いながら韓国語バージョンを読み、その後日本語バージョンを読んで内容の答え合わせをし、分からない部分は日本語バージョンと照らし合わせながら読むのをオススメします。

シークレットガーデン

2010年に韓国国内の一世を風靡したヒョンビン主演の韓国ドラマ「シークレットガーデン」の書籍版。一度ドラマを見てから本を読むと、内容の理解がしやすく、またシーンごとを想像しながら読むことができるのでお勧めです。

 

君の名は。

日本で大ヒットした映画「君の名は。」の韓国語バージョンです。

韓国でも大人気となり、書籍化もされました。

読んでみたところ、内容はもちろん日本バージョンと同じですが、やはり日本独特の表現が多いので、そこは上手く韓国語に訳されているな~という印象をもちました。また「結び」など韓国語に訳してしまうと意味が変わってしまうものは日本語のまま下に注釈で説明を加えていますので、ところどころ日本語が入りこんでいるのが不思議な感覚です。日本語と韓国語の表現の違いを学ぶには最も適している書籍です。

 

>

まとめ~韓国語の書籍を読んで自信をつけよう~

私が韓国語の勉強を始めてすぐに韓国語で本を読んだ時は1日3ページずつしか読めませんでした。しかし、継続するうちに3ページが10ページ、10ページが20ページとだんだん読むスピードが速くなっていきました。

2年たった今では1ヶ月で平均3冊韓国語の本を読んでいます。

最初は1冊を読み終えるのにはかなりの時間がかかると思いますが1冊読み終えることで、自信がつき、覚えた単語量も格段に増え確実に成長することができます。

みなさんも韓国語の本にチャレンジしてみましょう。

ABOUT ME
ユカ
ユカ
ソウル在住、韓国語通訳・翻訳の仕事をしている。kpopにハマり、独学で韓国語の勉強を始め、現在は韓国ソウルにある某有名韓国企業で開発系の専門通訳・翻訳を担当。 延世大学語学堂9カ月在学経験あり。TOPIK6級。
こんな記事もよく読まれています
過去の記事はこちらから
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031