参考書

1ヵ月でハングル検定5級に合格したテキストを紹介【完全攻略】

 

 

こんにちは。KPOPにハマり韓国語を独学からスタートし、現在は韓国ソウル在住、某有名韓国企業にて通訳・翻訳の仕事をしているユカです。

 

韓国語を始めると最初の目的に設定するのが「ハングル検定5級」ではないでしょうか?

私もまずはハングル検定5級合格!という目標を掲げて韓国語の独学をスタートしました。

 

しかし、参考書を購入しようと書店に行ってみるはいいものの

 

「参考書の種類が多すぎてどれを買えばいいのか分からない!」

 

参考書だけでもたくさんあるのに、文法書や単語帳まで、どれが必要でどれが必要ないのか判断が難しいところだと思います。

 

そこで本日は私がわずか1か月で実際にハングル検定5級に合格した時に使用したテキストをみなさんに紹介したいと思います。

 

1か月で合格できるハングル検定5級のテキストを紹介

1か月で合格できるハングル検定5級の攻略法を紹介

 

ハン検5級はどのくらいのレベル?

 

モンモン
モンモン
1か月で合格って言うけど、本当に可能なの?そもそもハングル検定5級ってどのくらいのレベル?

 

ハングル能力検定協会の公式ページに、ハングル検定5級のレベルは以下の通り定義されています。

60分授業を40回受講した程度。韓国・朝鮮語を習い始めた初歩の段階で、基礎的な韓国・朝鮮語をある程度理解し、それらを用いて表現できる。

・ハングルの母音(字)と子音(字)を正確に区別できる。

・約480語の単語や限られた文型からなる文を理解することができる。

・決まり文句としてのあいさつやあいづち、簡単な質問ができ、またそのような質問に答えることができる。

・自分自身や家族の名前、特徴・好き嫌いなどの私的な話題、日課や予定、食べ物などの身近なことについて伝え合うことができる。

引用:NPO法人ハングル能力検定協会HP

 

 

つまり上記の文を要約すると

  • 韓国語の가나다라が読み書きできる
  • 最低限の単語を理解している
  • 挨拶などの基礎的な会話ができる
  • 自分について説明できる

ということがハングル検定5級合格への条件となります。

 

1か月で合格というとすごく難しいことを成し遂げるような感じがしますが、

ハングル検定協会の5級合格条件にも記載があるように”60分を40日受講している程度”

ですので、全くの韓国語初心者の方が勉強を始めたとしても、1か月のあいだ1日1時間~1時間半くらい勉強すれば全然合格可能なレベルに届いてしまいます。

 

ハングル検定が実施される時期:テキスト購入のタイミング

 

ハングル検定は1年のうち春季・秋季と2回実施されます。

春季 毎年6月初旬頃

願書受付期間:3月中旬頃~5月初旬頃

合格発表:7月初旬頃

秋季 毎年11初旬月頃

願書受付期間:8月中旬頃~10月初旬頃

合格発表:12月初旬

 

ハングル検定第一回目からほぼこのスケジュールなので、恐らく今後も上記のスケジュールで実施されるでしょう。

受験の申し込みや詳細内容は、ハングル能力検定協会公式ページから確認できます。

 

1日1時間~1時間半ずつ勉強すると定義した場合、このスケジュールから逆算すると最低でも

春季→4月の終わり OR 5月の始め

秋季→9月の終わり OR 10月の始め

には勉強をスタートする必要があります。

 

ハングル検定5級用のテキストはそれまでに購入しておくようにしましょう。

 

ハングル検定5級の出題形式

 

 

先ほどハングル検定5級の合格条件を説明しましたが、

実際の出題形式を理解することで、テキストを選ぶ際のヒントにもなります。

 

ハングル検定5級の主な出題項目は下記の通り

 

  1. 発音問題
  2. スペル問題
  3. 単語の問題
  4. 文章の穴埋め問題
  5. 置き換え問題
  6. 文法問題
  7. 簡単なリスニング

 

一見多く見えますが、

単語・文法・発音、この3つをを理解すればほぼほぼ回答できる問題です。

 

つまり

”単語・文法・発音” この3つを制覇すればたとえ短期間の勉強時間であってもハングル検定5級の合格はそう難しくないのです。

 

レベル確認と試験問題を確認したいという方はハングル能力検定協会が運営するハングル検定WEB模擬試験で簡単な模擬試験が行えます。

1か月でハングル検定5級に合格した私が使ったテキストを紹介

 

前置きが長くなってしまいましたが、実際に私が1か月でハングル検定5級に合格した時に使用していたテキスト2冊を紹介していきたいと思います。

 

使用者の口コミを見つつ、実際に書店で手に取り、前の章で説明したハン検5級合格のキーワードである「単語・文法・発音」を網羅できるように熟考した末選んだテキストです。

 

ハングル検定5級に合格できるテキスト①ハン検公式ガイド 新装版合格トウミ(出版:ハングル能力検定協会)

 

私がこのテキストを購入した最大の理由、それは

「ハングル能力検定協会が出版しているから」。

ハングル検定を主催する協会が出しているのだから、出題範囲外のものを載せるはずがない!と信じて購入しました。

その結果…やはり予想通り間違いありませんでした笑

私は単語の勉強を目的にこのテキストを購入したのですが、実際に出題された単語は全てこのテキストに掲載されているものでした。

このテキストに記載されている単語を覚えるだけで、ハングル検定5級は85パーセント(かそれ以上)は合格できます。

ただこのテキストは初級というくくりになっている為、4級の内容も掲載されておりその分お値段も少し高いかなというイメージです。

ですが、実際に5級に合格すると4級も目指したくなっちゃうので、5級、4級と別々に買うよりは1冊にまとまっており便利なので買っといて損はないテキストです。

 

 

ハングル検定5級に合格できるテキスト②ハングル能力検定試験5級実戦問題集(出版:朝日出版社)

 

こちらのテキストは

発音・文法対策用に購入したものです。

実践問題集ということもあり、とにかくハングル検定5級に合わせたの問題量が充実しています。

ハングル検定だけでなく試験合格を目指す際の勉強のポイントは

とにかく練習問題を解きまくること

このテキストは1か月の勉強時間で効率的に勉強が進められたと思います。

 

ハングル検定特有の”発音表記の問題””スペルの問題”などの練習問題・問題の解説などもしっかりと載っている為、問題全てをしっかりと練習して本番に臨むことができます。

 

また、このテキストを一言で表すと

「とにかくハングル検定の合格のために作られたテキスト」と言う感じ。

決して韓国語が喋れるようになるようなテキストではありませんが、ハングル検定5級に合格するという目的の方にとってはその目的を果たせる、裏切らないテキストです。

 

 

 

 

ここまで説明しましたが、「私はやっぱり試験よりも実践的な韓国語を学びたい」と思われた方は以下のページに韓国語を独学で習得するノウハウを記載しているので、そちらをご覧ください。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

本日の記事をまとめると以下の通りです。

本記事の要約
  • ハングル検定5級は1日1時間~1時間半程度勉強すれば1か月で合格できる
  • ハングル検定用のテキストは遅くとも4月末・9月末までに購入する
  • 単語・文法・発音をポイントに勉強をする
  • テキスト「新装版合格トウミ」+「ハン検5級実戦問題集」を組み合わせるのが最強

「ハングル検定5級を1か月で合格した」というとスゴイ!と思われがちですが、

しっかりとしたテキストを購入してテキスト通り勉強を進めていくことで決して不可能ではないことが分かっていただけたかと思います。

 

ハングル検定5級を取得することで運命が変わることもあります。私もその1人。

大げさに聞こえるかもしれませんが、私の場合はハングル検定5級を受ける前で諦めてしまっていたら恐らく今の仕事、韓国語の通訳・翻訳までたどり着けなかったはずです。

「自分を追い詰めるため」、「モチベーションを上げるため」、「就活や進学のプラスにするため」、「韓国語により一層詳しくなるため」、目的は何でも構いませんので悩まれている方は一度挑戦してみることをオススメします!!

 

ABOUT ME
ユカ
ユカ
ソウル在住、韓国語通訳・翻訳の仕事をしている。kpopにハマり、独学で韓国語の勉強を始め、現在は韓国ソウルにある某有名韓国企業で開発系の専門通訳・翻訳を担当。 延世大学語学堂9カ月在学経験あり。TOPIK6級。
最新の記事はこちらから
過去の記事はこちらから
2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31