単語

韓国語の「こそあど言葉」を分かりやすく紹介!【使える34の例文あり】

モンモン
モンモン
最近韓国語の勉強始めたんだけど何から勉強していいか分からなくて…先に知っておいた方がいい単語はある?

韓国語通訳ユカ
韓国語通訳ユカ
「こそあど言葉」は文章を作るうえで必須だから最初のうちに習得するのをおすすめするよ!

 

こんにちは。KPOPにハマり韓国語を独学からスタートし、現在は韓国ソウル在住、某有名韓国企業にて通訳・翻訳の仕事をしているユカです。

 

みなさんもご存じかとは思いますが、韓国語も日本語のように「こそあど言葉」が存在します。

自分がなにを伝えたいのかを表現する際に「こそあど言葉」は必須となりますので、これだけ知っていれば問題ない6種類のこそあど言葉、そして実際に使える例文を紹介していきます。

  • 韓国語の「こそあど言葉」を覚える
  • 「こそあど言葉」を使った例文を確認する
  • 日本語と韓国語の「こそあど言葉」の違い(注意点)

 

韓国語の「こそあど言葉」を覚えよう!

 

そもそも韓国語には「こそあど言葉」という表現はなく、しいて言うのであれば

  • 지시대명사 ジシ デミョンサ[指示代名詞]
  • 지시사 ジシサ[指示詞]

といったように表現します。

 

そして韓国語のこそあども日本のこそあどと同じ

”自分との距離”

により使い分けることができます。

韓国語の「こそあど言葉」早見表

韓国語のこそあど言葉を表にまとめました。

この

これ

ここ

こちら

こんな

こう

이(イ)

이거(イゴ)

여기(ヨギ)

이쪽(イッチョク)

이런(イロン)

이렇게(イロケ)

その

それ

そこ

そちら

そんな

そう

그(ク)

그거(クゴ)

거기(コギ)

그쪽(クッチョク)

그런(クロン)

그렇게(クロケ)

あの

あれ

あそこ

あちら

あんな

ああ

저(チョ)

저거(チョゴ)

저기(チョギ)

저쪽(チョッチョク)

저런(チョロン)

저렇게(チョロケ)

どの

どれ

どこ

どちら

どんな

どう

어느(オヌ)

어느 것(オヌゴッ)

어디(オディ)

어디 쪽(オディッチョク)

어떤(オットン)

어떻게(オットケ)

 

モンモン
モンモン
一見たくさんあるように見えるけど、이,그,저,어느だけ覚えれば後ろにつく文字は大体同じなんだね!

韓国語通訳ユカ
韓国語通訳ユカ
モンモンいいところに気が付いたね。思ったより簡単でしょ?

韓国語のこそあど言葉 ①この・その・あの・どの

 

  • この→이

例文: 이 책은 얼마에요? イチェグン オルマエヨ(この本はいくらですか?)

  • その→그

例文: 그 시간에 맞춰서 갈게. クシガネ マッチョソ カルケ(その時間に合わせていくね)

  • あの→저

例文: 저 사람 누구야. チョサラミ ヌグヤ(あの人誰?)

  • どの→ 어느

例文: 어느 나라가 가장 가까워? オヌナラガ カジャン カッカウォ(どの国が一番近い?)

 

韓国語のこそあど言葉 ②これ・それ・あれ・どれ

 

  • これ→ 이거

例文: 이거 주문 해도 돼요? イゴ チュムン ヘド テヨ (これ注文してもいいですか?)

  • それ→그거

例文: 그거 지금 유행하는 옷이잖아. クゴ チグム ユヘンハヌン オシジャナ(それ今流行ってる服じゃん!)

  • あれ→저거

例文: 저거봐. 분명히 이상한 사람이야. チョゴバ ブンミョンヒ イサンハン サラミヤ(あれ見て。絶対変な人だよね)

  • どれ→어느 것

例文: 어느 것이 제일 인기가 많아요? オヌゴシ チェイル インキガマナヨ(どれが一番人気がありますか?)

モンモン
モンモン
あれ?어느 것だけ거じゃないの?
韓国語通訳ユカ
韓国語通訳ユカ
어느 것は「どの」を表す”어느”と「もの」を表す”것”がくっついて어느 것(どれ)となっているからだよ。

韓国語のこそあど言葉 ③ここ・そこ・あそこ・どこ

 

  • ここ→여기

例文: 여기서 기다려줘~ ヨギソ キダリョジョ(ここで待ってて~)

  • そこ→거기

例文: 거기 바로 앞에 있잖아. コギ バロ アッペイッチャナ(そこ、すぐ前にあるじゃん)

  • あそこ→저기

例文: 저기 써있는 사람이 우리 아빠야. チョギ ッソイッヌンサラミ ウリアッパヤ(あそこに立ってる人が私のパパだよ)

  • どこ→어디

例文: 어디서 오셨어요? オディソ オショッソヨ(どこから来られたのですか?)

韓国語通訳ユカ
韓国語通訳ユカ
場所を表す「こそあど」は旅行でもよく使うから要チェック!

韓国語のこそあど言葉 ④こちら・そちら・あちら・どちら

 

  • こちら→이쪽

例文: 이쪽으로 오세요. イッチョグロ オセヨ(こちらに来てください)

  • そちら→그쪽

例文: 그쪽으로 갈게! クッチョグロ カルケ(そっちに行くね!)

  • あちら→저쪽

例文: 저쪽 자리로 옮겨도 돼요? チョッチョグ チャリロ オムギョド テヨ(あちらの席に移ってもいいですか?)

  • どちら→어느 쪽

例文: 어느 쪽도 상관 없어요. オヌチョッド サングァン オプソヨ(どちらでも構いません)

韓国語のこそあど言葉 ⑤こんな・そんな・あんな・どんな

  • こんな→이런

例文: 나 이런 사람이야. ナ イロンサラミヤ:(私はこうゆう人だから)

  • そんな→그런

例文: 왜 그런 말 한거야? ウェ クロンマル ハンゴヤ:(なんでそんなこと言ったの?)

  • あんな→저런

例文: 이런 저런 얘기. イロン チョロン イェギ:(こんな話あんな話)

  • どんな→어떤

例文: 어떤 내용이였요? オットン ネヨンイ ヨッソヨ:(どんな内容だった?)

 

韓国語通訳ユカ
韓国語通訳ユカ
어떤は他にも”어떤 사람” “어떤 곳”といったように”ある人””あるところ”といったような使い方もできるの。

韓国語のこそあど言葉 ⑥こう・そう・ああ・どう

 

  • こう→이렇게

例文: 친구가 이렇게 말했다. チングガ イロケ マレッタ(友達がこう言った)

  • そう→그렇게

例文:꼭 그렇게 해야하는 건가? ッコ クロケ ヘヤハヌンゴンガ(必ずそうしないといけないの?)

  • ああ→저렇게

例文: 저렇게 뚱뚱한 사람 많이 없잖아. チョロケ ットゥンットゥンハン サラミ オプチャナ(ああ太ってる人はそういないよね)

  • どう→어떻게

例文: 어떻게 해야 어려보일까? オットケヘヤ オリョボイルカ(どうしたら若く見えるかな?)

 

モンモン
モンモン
オットケって聞いたことある!歌詞にもよくでてくるよね!
韓国語通訳ユカ
韓国語通訳ユカ
モンモンが言うオットケは”어떡해”と書いて「どうしよう」っていう意味。ここで説明する”어떻게”とは文字も意味も違うの。間違いやすいから注意してね。

 

知ってて便利!韓国旅行で使える「こそあど」フレーズ

自分の意思を示す「こそあど」は韓国に旅行に行った時も大活躍します。

いくつか使えるフレーズを紹介しますので、旅行を計画している方はあらかじめ覚えておくと便利です。

  1. 이거 얼마에요? イゴ オルマエヨ:(これいくらですか?)
  2. 이거 하나 주세요. イゴ ハナ ジュセヨ:(これひとつください)
  3. 여기서 세워주세요. ヨギソ セウォジュセヨ:(ここで止めてください(タクシーで))
  4. 여기까지 어떻게 갈 수 있어요? ヨギッカジ オットケ カルスイッソヨ:(ここまでどう行けばいいですか?(地図を見ながら))
  5. 지하철은(버스는) 어디서 탈 수 있어요? チハチョルン(ボスヌン)オディソ タルスイッソヨ:(地下鉄は(バスは)どこで乗れますか?)
  6. 저 신발을 한번 신어봐도 돼요? チョ シンバル ハンボン シノバドテヨ:(あの靴、履いてみてもいいですか?)
  7. 거기까지 가는데 어떤 방법이 있어요? コギッカジ カヌンデ オットン バンボビイッソヨ:(そこまで行くのにはどのような方法がありますか?)
  8. 거기에 이쁜 카페는 있어요? コギエ イップン カペ イッソヨ:(そこにはかわいいカフェがありますか?)
  9. 재미있는 곳 어디 추천해주세요. チェミッヌン ゴ オディ チュチョンヘジュセヨ:(面白い場所、どこかオススメありますか?)
  10. 한국 어디 출신이세요? ハングク オディ チュルシンイセヨ:(韓国のどこ出身なのですか?)

 

 

 

日本語と韓国語の「こそあど」の違い

モンモン
モンモン
単語だけ覚えれば韓国語の「こそあど言葉」の使い方は日本語のとほぼ同じなんだね。
韓国語通訳ユカ
韓国語通訳ユカ
そうとは限らないの、モンモン。日本語とはちょっと違うルールがあるから、今から説明するね!

 

日本語と使い方は似ていますが、韓国語の「こそあど言葉」を使う時にはちょっとした決まりがあります。

 

韓国語「こそあど言葉」のルール

ルール1:見えないものについて話す時は”그”をつかう。ex)그 사람(あの人), 그 시절(あの時代)

ルール2:이거,그거,저거とほぼ同じ意味で”이것,그것,저것”もありますが、こちらはより特定の”もの”について使うイメージ。ex)이것은 내꺼야(これは私のものだ!)

韓国語を勉強して例文をたくさん見ていくうちに、自然と「この場合は그거, この場合は저거,この場合は이것と言ったように自然と区別ができるようになるものです。

ちなみに韓国人の友達は「이거と이것の区別は特にしていないよ。」と言うことだったので、こちらに関してはそこまで重要視はする必要ないかと。

それより、最初のうちは正しい文法を追求するよりも「いかに多くのフレーズを実際に使ってみることが出来るか」が重要です。

また、ルールとは言っても、その時の話の流れや背景でも変わってくるので、そこまで細かく考える必要はないです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

この記事をまとめると以下の通りです。

要点のまとめ
  • 韓国語の勉強を始めたorこれから始める人は「こそあど言葉」は比較的最初に覚えよう!
  • 韓国へ旅行の予定がある人も「こそあど言葉」のフレーズを覚えるべし!
  • 日本語と韓国語の「こそあど言葉」には若干の使い方の違いがあるが、そこまで気にしなくてOK!

 

どの国の言葉においても「こそあど言葉」を制すればたとえたどたどしくとも自分の言いたいことは何となく言えてしまうものです。

まず一度、この記事に書いてある「こそあど言葉」を全て覚えてみてください。一気に言いたいことが言えるようになるのを実感するはずです。

ABOUT ME
ユカ
ユカ
ソウル在住、韓国語通訳・翻訳の仕事をしている。kpopにハマり、独学で韓国語の勉強を始め、現在は韓国ソウルにある某有名韓国企業で開発系の専門通訳・翻訳を担当。 延世大学語学堂9カ月在学経験あり。TOPIK6級。
こんな記事もよく読まれています
過去の記事はこちらから
2020年5月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031