文法

ハングルを英語にしてみよう!韓国語の「英語表記一覧表」

 

 

アンニョンハセヨ。

韓国でOLしながら翻訳・通訳の仕事をしているyuka(@allaboutkankoku)です。

皆さん一度はこう思ったことありませんか?

「ハングルの英語表記難しくない?!!」

例えば”江南スタイル”で有名なソウルのオフィス街の「강남(カンナム)」、英語表記にすると「Kannam」でもなく「Cannam」でもなく、実は「Gangnam」と書きます。

ソウルも発音通りに英語表記にすると「Souru」となりますが、正しくは「Seoul」

実はこれ、適当に英語に直しているわけではなく、全て規則があるのです。

今回は韓国語の英語表記について、一覧表を用いて分かりやすく解説していきます。

ハム子
ハム子
ハングルの英語表記の規則を理解すれば、ハングルが読めなくても駅名や地名が分かるようになるよ!

ハングルの英語表記は韓国語の発音を理解すべし!

 

韓国語は母音と子音の組み合わせで成り立っています。

その為、ハングルを英語で表記した時も、「母音+子音」で表されます。

例えば「」と言う文字。「더」は子音の「ㄷ」母音の「ㅓ」から成り立っており、

「ㄷ」の英語表記である「D」と「ㅓ」の英語表記である「EO」が組み合わさり、

「더」を英語で表記すると「DEO」になります。

このように、韓国語の英語表記を理解するには、韓国語の子音と母音の英語表記をそれぞれ覚える必要があります。

 

韓国語の子音、母音については以下の記事でより詳しく説明しています。

韓国語の母音を解説
【一覧表あり】韓国語の母音の発音・覚え方を解説この記事では韓国語の初心者さんの為に韓国語の母音について紹介していきます。韓国語は「子音+母音」で構成されており、この二つを学ぶことで韓国語が書けて読めるようになります。暗号みたいで難しく感じるかもしれませんが、文字の構成はとても単純なのでぜひ最後まで見ていってくださいね。...

 

韓国語の子音
【韓国語の子音を覚えよう】発音のコツや簡単な覚え方を紹介韓国語の「子音」はどのようなものがあるかご存じですか?この記事では韓国語初級の方のために、韓国語の子音の「種類・発音のコツ・覚え方」などを分かりやすくまとめました。...

 

ハングルの英語表記一覧表

 

ハングルを母音と子音に分けて、それぞれを英語で表記した一覧表を紹介します。

母音と子音を組み合わせてハングルを英語表記に直してみましょう。

ハングルの英語表記一覧表【子音】

G(K) K
N T
D(T) P
R(L) H
M KK
B(P) TT
S(T) PP
NG SS
J(T) JJ
CH(T)

 

※文字が単語の先頭にくるか、2文字以降にくるかによって発音が変わるため、英語の表記も変わってきます。

ハングルの英語表記一覧表【母音】

A AE
YA YAE
EO E
YEO YE
O WA
YO WAE
U OE
YU WE
EU WO
I UI

 

パッチムを英語表記にするとどうなるの?

 

忘れてはいけないのが、韓国語にはパッチムがあるということ!

パッチムって何?

パッチムを英語表記にする場合はどうしたらいいのか迷ってしまいますが、パッチムがある場合の英語表記は

子音+母音+子音

で記載すればOK!!

例えば、冒頭で紹介した「ソウル」と言う単語。ソウルは韓国語にすると「서울」となり、最後に「ㄹ」のパッチムがあるので、「ㄹ」を英語で表記した時の「L」を最後に付けるだけ。

서울を英語表記にしてみよう!
ㅅ(S)ㅓ(EO)ㅇ(発音しない)+ㅜ(U)+ㄹ(L)SEOUL

※パッチムに「ㅇ(イウン)」が来るときは「ng」の発音になりますが、子音に「ㅇ(イウン)」が来るときは「ㅇ(イウン)」の発音はせずに、母音の音のみ発音します。

慣れないうちは少々ややこしいですが、慣れてくると何となく規則がわかってくるものです。

最初は教科書に載っている簡単な韓国語の単語や、良く利用する駅名などをハングル⇒英語一覧表をつかって英語表記に直す練習をしてみましょう!

韓国語を英語表記にした例

 

更に理解を深めるために、韓国語の単語を英語表記に直した例をいくつか紹介していきます。

上記のハングル⇒英語一覧表に当てはめならが、確認してみましょう!

 

韓国語表記:명동(意味:明洞)

英語表記:Myeong dong

ㅁ(m)+ㅕ(yeo)+ㅇ(ng) , ㄷ(d)+ㅗ(o)+ㅇ(ng)

 

韓国語表記:경복궁(意味:景福宮)

英語表記:Gyeong Bok Gung

ㅁ(m)+ㅕ(yeo)+ㅇ(ng),  ㄷ(d)+ㅗ(o)+ㅇ(ng)

 

韓国語表記:강남(意味:江南)

英語表記:Gang Nam

ㄱ(g)+ㅏ(a)+ㅇ(ng),  ㄴ(n)+ㅏ(a)+ㅁ(m)

 

韓国語表記:한국(意味:韓国)

英語表記:Han Guk

ㅎ(h)+ㅏ(a)+ㄴ(n) , ㄱ(g)+ㅜ(u)+ㄱ(k)

 

韓国語表記:사과(意味:リンゴ)

英語表記:Sa Gwa

ㅅ(s)+ㅏ(a) , ㄱ(g)+ㅘ(wa)

 

韓国語の英語表記のまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は韓国語の英語表記について、ハングルを英語表記にする時の規則や、一覧表を紹介しました。

慣れない発音もあり、英語表記にするとちょっと戸惑ってしまいますが、ハングルを英語表記にするときの規則を知ると、韓国語の発音の規則も一緒に理解することができます。

あまりハングルを英語表記に直す機会はないかと思いますが、韓国に住む友達に荷物を送るときの住所や、韓国旅行で入国カードを書くときなど思わぬところで役に立ちます。

必須の知識ではありませんが、覚えておくと便利なので、この記事をお気に入り登録して、必要な時に見返せるようにしておきましょう!

それでは今回はこの辺で!

ハム子
ハム子
twitterやInstagramで韓国語のネイティブ表現なども発信中!!気になる方はyukaのをフォローしてね

←クリックで飛べるよ☆

ABOUT ME
ユカ
ユカ
ソウル在住、韓国語通訳・翻訳の仕事をしている。kpopにハマり、独学で韓国語の勉強を始め、現在は韓国ソウルにある某有名韓国企業で開発系の専門通訳・翻訳を担当。 延世大学語学堂9カ月在学経験あり。TOPIK6級。
最新の記事はこちらから