勉強法

韓国語が上達しないと思ったら試してほしい3つのこと 【スランプ脱出】

 

韓国語を一生懸命勉強してるのに一向に進歩がなく、いつまでたっても上達しない。
基本的なことはわかるけど、ネイティブの会話に追いつけない。 

こんなに頑張ってるのに私って韓国語の才能ないのかな…



とお悩みの方、
諦めるのはまだ早いです。

本日は韓国語が思うように上達しない方へその原因と上達を実感できる方法をご紹介します。

 

本記事の内容

韓国語が上達しないと思ってしまう原因

韓国語が上達を実感するために試すこと

 

この記事を書いている私は現在ソウルにある某韓国有名企業にて翻訳・通訳の仕事をしておりますが、もともと勉強が好きではなかったので、独学中は皆さん以上に何度もスランプを経験したかもしれません。

スランプの度に一度立ち止まり、自分の上達度を見つめなおすことを繰り返したところ、独学スタートから2年半という期間でやっとネイティブの人と対等に韓国語を話せるようになりました。

 

スポンサードリンク

 

韓国語が上達しないと思ってしまう理由

 

韓国語が上達しないと感じる理由は2つのパターンがあります。

 

“上達してるけど実感できていない場合”

“本当に上達していない場合”

 

“上達してるけど実感できていない”場合

多くの人の場合は“上達しているけど実感できていない”に当てはまります。


独学の場合は特に自分の韓国語を客観的に聞く機会があまりないため、自分の韓国語の成長を把握することが難しく、上達しているのかしていないのかわからないという状態に陥ってしまいます。


たとえば単語を一生懸命覚えても、その単語を実際に聞いたり使ったりする場面がないと、韓国人相手に話すときこの単語を使ったところで本当に通じるのか、またちゃんとその単語の適切な意味で使えているのかどうかはわかりません。

それが、単語は一生懸命覚えてるのに、韓国語の上達が実感できないと感じてしまう原因となってしまうのです。

 

本当に上達していない”場合

 

本当の意味での軌道修正が必要なのが“本当に上達していない場合”です。

上達しない人の特徴としては独自の勉強法で勉強している人が多く見受けられます。
もちろん独自の勉強法でもしっかり上達する方もいますが、自分で編み出した勉強法で上達が感じられない場合は一旦立ち止まって勉強法を見つめなおす必要があります。

 

韓国語が上達するために試すべきこと

 

それでは韓国語の上達が実感できるようになるためには、具体的にどようなことをしたらよいのでしょか。
それぞれのタイプに分けて解説していきます。

上達を実感できていない人がすべきこと

 

上達しているけど実感できていない方は勉方法には問題はありませんので、マインド面を変えていく必要があります


語学を習得するに当たって忘れてはいけないのが“成長線”

 

この図は自分が描いている成長線と、実際の成長線にギャップがあるということを示しています。


上達しているけど実感できていない時期はこの図でいうと“伸び悩み”の部分に当たります。

全体で見ると間違いなく成長しているのにも関わらず、伸び悩みの部分だけ見てしまってなかなか上達しないと悩んでしまっている状態です。

韓国語学習者さんにおいても、このグラフを長期の視点で捉えて学習を進めることが重要です。

それでは次に、この成長線を長期の視点で捉えることができるようになる3の秘訣をご紹介します。

 

上達を実感できるコツ①目標の再設定

 

まずひとつめ、目標を見直してみましょう。


もしかしたら、目標が高すぎて成長線の上がりが緩やかなため、韓国語の上達が実感できていないのかもしれません。


もし韓国語の勉強を始めたばかりの方で「韓国語をネイティブ並みに話せるようになる」という目標を掲げている方がいたら、その目標を段階別に区切ってみましょう。

 

例えば

1段階:韓国語の文字を読めるようになる
2段階:韓国語で文章を作れるようにな
3段階:韓国人と意思疎通ができるよになる
4段階:韓国語のリスニングを完璧にする
5段階:ネイティブのように話せるようになる

 

1つ1つ段階を区切っていくことで、目標達成がまだまだ遠い存在であったのが、ちょっと頑張れば達成できそうなものとなり、同時に成長線の上がりも急になり、自分でも上達を感じやすくなります。

 

上達を実感できるコツ②小さな成功体験

 

語学の習得に関わらず、スポーツや仕事子育てなどすべての面において、自分の成長に大きなプラスを与えてくれるのが「成功体験」という“できた!!”と思う感情です。

韓国語の上達を実感するにもこの成功体験は大きな影響をもたらします。

人間の脳は成功体験をすることで膨大なプラスのエネルギーを得ます。それが次のステップへの力となり、成功体験を繰り返すことでさらに上を目指すことができるからです。

韓国語の話に戻ると、例えばまったくハングルが読めなかった時のことを思い出してください。

暗号のように見えていたハングルが、勉強することによって段々と文字として捕らえることができるようになりました。

その時とても嬉しく、同時に上達が実感できたはずです。

今になっては簡単なことだったかもしれませんが、その当時はハングルが読めたという“上達を実感”できたことでさらなるやる気が沸いたはずです。

ですので、もしいまあなたが上達が実感できない状況にいるとしたら、今まで自分にできたことを振り返って考えて見ましょう。

 

韓国語が読めるようになった
パッチムを発音できるようになった
韓国語がすこし聞き取れるようになった
文章中の単語の意味を理解した

 

どれも今では小さいことと感じるかもしれませんが、すべて勉強なしでは達成できないことです。確実に韓国語が上達している証です。

今勉強している部分も小さなことでいいので“できたこと”に注目することで、上達が実感できるようになるはずです。

上達を実感できるコツ③アウトプットを増やす

 

自分が勉強してきた韓国語が上達しているかどうかを他人との会話でアウトプットをしながら確認するという方法もあります。

言語というものは相手がいて初めて役に立つ能力です。


実際に韓国語がわかる人と話すことで、自分の韓国語が通じるのかどうかを確認します。もし通じない場合はまた勉強してからもう一度挑戦してみる、この繰り返しで自分の韓国語の上達を確実に実感することができるはずです。

周りに韓国語がわかる人がいたら、協力してもらいましょう。

もし周りに韓国語がわかる人がいないという方でも以下の方法で韓国で会話をすることができまます。

・SNSで日本語を勉強している韓国の人を探しランゲージエクスチェンジをする

・韓国に旅行や留学にいく
・韓国語のレッスンに通う。


今の時代はSNSを利用することで、簡単に日本語を勉強している韓国人を探すことができます。

また自分の韓国語が上達してないと思ったらその時点で思い切って韓国に旅行に行ってみるのもありです。
実際にショッピングをしたり、ご飯を食べたりする中で韓国語に触れることで

「私意外に話せるじゃん」
「こんなに通じるんだ」

と今まで勉強してきた成果を実感することができるはずです。

SNSはちょっと不安、旅行にも行く時間もない、というかたは一番身近な方法で韓国語のレッスンに通うという方法もあります。
やはり韓国語の先生はプロなので、自分では気づけなかった自分の上達している部分を見つけてくれるため、独学で学ぶよりも成功体験を経験しやすくそしてその分上達も早くなります。

 

特にマンツーマンでの会話練習は、自分だけの弱点や、改善点を見つけやすい為、集団で学ぶスタイルよりも早い時間で確実に上達することができます。

 

”本当に上達していない”人がすべきこと


勉強方法があっているわからない、自己流の勉強をしているけどなかなか伸びないという方は “本当に上達できていない”可能性が高いです。

一度今自分が行っている勉強を洗い出して本当にこのやり方で大丈夫なのかを確認してみましょう


ここでは正しい勉強方法に修正する方法を紹介します。

上達のコツ①勉強法を見直す

 

まず今自分がやっている勉強方法を一回見直してみましょう。
無駄な部分はないか、実際に勉強していてあまり効果が出てない部分はどこか、自分なりに考えてみましょう。

あまり効果の出てない部分の勉強方法を効果がある勉強方法に変えることで無駄な部分を排除し、あまり時間をかけずともすぐに上達していることを実感できるようになります。

例えば悩みが、

一生懸命リスニングの勉強をしているのになかなか聞き取れるようにならない。

の場合、どんなリスニングの勉強をしているのか考えます。

勉強方法が韓国ドラマを字幕なしでみるであれば、そもそも基礎ができていない可能性があるので、短い文から先に覚える。こういったように自分の勉強方法を修正するのです。

 

韓国語通訳が教える勉強法はこちら>>

【初心者向け】韓国語通訳が教える!独学で学ぶ韓国語の始め方

【中級向け】韓国語を独学勉強法を韓国語通訳が伝授します!

上達のコツ②できる人の真似をする

 

次に大事なことは、韓国語をマスターした人の勉強の仕方を真似をするということです。


勉強方法はプロである韓国語講師や、その言語をすでにマスターした人が教えてくれる勉強方法を信じて真似をすることが一番の上達への近道です。


盗めるものは盗みましょう、語学の勉強方法を盗んだって訴えられたりなんてしません笑


Googleやyahooなどを検索すると、このサイトのような韓国語の学習方法が載ったサイトがたくさんヒットします。
その中から自分がこれだと思ったものを信じて真似をしてみてください。

しかしここで注意してほしいのが、ライターの経歴をしっかり確認すること

中にはまだマスターしていないのに韓国語の勉強方法を紹介している人、さわりだけ勉強してあたかも韓国語がぺらぺらかの様な記事を書いている人がたくさんいます。


この人のいっていることなら信用できるというそれなりの経歴がある人が書いた記事を参考にするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これまでの内容を整理すると、以下のようになります。

① 上達を実感できていない場合は
⇒目標再設定し小さな成功体験、アウトプットを意識して勉強しよう

② 勉強方法に不安がある場合は
⇒今の勉強方法を見直し、韓国語をマスターした人の勉強法を真似しよう


先ほどの表でも紹介したとおり、韓国語を勉強していると必ず伸び悩む時期に直面します。今はどんなに韓国語が流暢な人であっても必ず伸びだやんだ時期は経験しているでしょう。

そこで重要なのがあきらめないこと。一度立ち止まりどうやったら上達していることを実感できるか考える、もし勉強法に不安がある場合はできる人を見て答えあわせをしてみる。
この過程ができる人とできない人では語学を習得するスピードとレベルに本当に大きな差がでてきます。


上達が実感できずにスランプに陥ってしまっても、このスランプを抜け出した後は、驚くほどの成長を感じることができるでしょう。

みなさまの韓国語の上達にこの記事がすこしでも参考になったら幸いです。

ABOUT ME
ユカ
ユカ
ソウル在住、韓国語通訳・翻訳の仕事をしている。kpopにハマり、独学で韓国語の勉強を始め、現在は韓国ソウルにある某有名韓国企業で開発系の専門通訳・翻訳を担当。 延世大学語学堂9カ月在学経験あり。TOPIK6級。
こんな記事もよく読まれています
過去の記事はこちらから
2020年4月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930